きれいのこだわり

アクアクララの「きれい」へのこだわり

アクアクララはそのままでも飲むことが出来る、食品衛生法の基準を満たした飲めるお水を原水としている上に、1000万分の1mmの極小浄化孔フィルター「RO膜」(逆浸透膜)で最新技術のRO膜を使用したろ過システムで、水の不純物や雑味を徹底して取り除くことに成功しているのです。

 

安全性が高く、評価されているナノテクノロジーを使用しているシステムにより、水をしっかりときれいにすることが出来るのです。

 

まず、活性炭フィルターでのろ過により、カルキ臭や濁りなどを除去してくれます。
中空糸膜は、0.01ミクロン=1/10万mm(ナノメートル)です。
この段階では、ウィルスを除去出来ます。

 

そして、RO膜(逆浸透膜)は0.0001ミクロン=1/1000万mm(0.1ナノメートル)であり、水分子より大きな物質をカット出来ます。

 

こうして段階を踏んで水はどんどん綺麗になっていくのです。
この結果としてH2O以外をほとんど含まないクリアな水が誕生します。

 

これだけの手間をかけているアクアクララの水ですから「きれい」に対してのこだわりをしっかり持っていることが分かりますね。

 

1000万分の1mmの不純物までも取り除くという言葉を聞いても、ピンとこないという人も多いかもしれませんが、それはあなたがアクアクララの水を口にしてみることにより、「なるほどこういうことだったのか!」と実感していただけることと思います。

 

 

アクアクララ申込み